手軽に購入出来るドレスについて

今回結婚式やパーティー等で着用する、女性のパーティドレスについて説明をします。まず、始めにパーティドレス着用に関するマナーについてです。結婚式の場合、白色のドレスは着用してはいけません。花嫁のウエディングドレスと色が同じになってしまう為です。また、クリーム色、薄いピンク色等も写真を撮ると白っぽく写ってしまう為避けた方が無難です。次に、お昼の式ではミニドレスや肩だしドレスは着用してはいけません。夜のパーティーであれば問題ありませんが、格式のあるパーティーでは身体の線がはっきりと出るドレスは良くありません。また、ドレスを着用する際は必ずストッキングを履きましょう。裸足やタイツの着用は普段っぽくなるのでおすすめしません。それから、ヘアスタイルは髪の長い人はアップスタイルにするときちんと感が出ます。

自分に似合うパーティドレスの選び方とは

まずは、自分に似合うカラーから絞っていきましょう。パーソナルカラー診断をしたことがある人は、それに合わせて選ぶと良いでしょう。自分に似合う色がわからない人は、試着してみて顔写りの良い色を見つけましょう。濃いはっきりとした色がいいのか、薄いパステルカラーがいいのか、色で大きく印象は変わります。次に体型に合わせて選びましょう。ぽっちゃり体型の人や体型に自信がない人にはベアトップ型がおすすめです。女性らしい丸みのあるドレスだとお尻やおなかがあまり目立ちません。肩幅が広い人は、アメリカンスリーブのドレスが良いです。ドレスの肩部分が内側に入っているので、肩幅が狭く見えます。お尻が大きいと悩んでいる人には、プリンセスラインがおすすめです。ウエストでいったん絞ったラインなので、お尻が目立ちません。

パーティードレスの種類を徹底解剖

パーティードレスには様々な形があります。まず定番なのが、Aラインです。アルファベットのAのようにふわっと広がったラインのもので、スタイルがよく見えます。ハイウエストのものを選ぶとより足が長く見えます。次にプリンセスラインです。こちらはウエスト部分に切り替えがなく、下半身がふんわり広がったラインで女性らしい雰囲気です。次にマーメイドラインです。これは人魚のようにぴたっとしたラインで、裾のみが広がっています。優雅な雰囲気で、背が高めの人に人気があります。最後にスレンダーラインです。全体的にぴったりとしたシルエットのドレスです。一般的に細い人しか似合わないと思われがちですが、メリハリのある体型の人がとても似あいます。ゴージャスなアクセサリーと合わせるととても優雅です。