シーン別のおすすめのドレスをご紹介

パーティーや祝賀会、結婚式など、改まった席にお呼ばれした時は、何を着て行けばいいか迷うものです。ゲストドレスは何着か持っていても、出席するシーンは様々なので、どれを着て行けばいいのか悩みがちです。格式高いホテルで開催されるウェディングと、カジュアルな二次会では、雰囲気も会場も違うので、同じものを着て出席しようかどうか考えてしまうかもしれません。また、洋服と同じでブームが存在しますし、形にもフィット感のあるものやフレアなもの、ゆるめなシルエットがあるなど、自分で選ぶのが難しい場合も。ドレスを選ぶ時には、シーン別にぴったりなドレスについて知っておくと、当日着ていくものを選ぶ時間を短縮することができます。今回は、シーン別におすすめのドレスをご紹介します。

フォーマルな場に似合うものは?

友人のウェディングに着ていく時は、フォーマルドレスが一般的です。昔と比べると結婚式自体がラフな雰囲気になってきているので、友人として式に招待された時に着るものは、昔よりは気を使わなくて良い傾向があります。ゲストの年齢層、新郎新婦が付いている職業によっても雰囲気は異なりますが、どんな会場にもなじみやすいのは単色でワンピース型のものです。 女性が着るフォーマルウェアを考える際に、最もコーディネートしやすいのもワンピースです。パーティーなら華やかなデザインを選びましょう。正式なドレスコードであれば、夜に開かれるパーティーでは二の腕を出すことを正式としていますが、日本では夜の式でも肌が露出するのは控える方が無難です。完璧なフォーマルを選ぶなら、昼の式の場合には膝下丈を選びます。逆に、夜の式はロング丈のものを選びましょう。

会社の懇親会や知人のレセプションに似合うものは?

会社関連の懇親会に参加する場合や、知人が催す開店パーティー、レセプションなどに参加する場合など、それぞれのシーンに着ていくドレスは、個々の状況によって様々です。招待状が届いたパーティーなら、ドレスコードが決まっていることがあります。傾向としては、記念式典のようなお祝いの行事に参加するなら、華やかな雰囲気のパーティードレスを選ぶと周りからも喜ばれます。一方、ビジネスの要素が強い懇親会に参加したり、展示会、交流会などに出席する場合は、シックな雰囲気のフォーマルドレスを着るか、スーツやワンピースが無難です。また、開店祝いなどで主催者が知人や友人であるレセプション・パーティーには、祝いの席にふさわしい華やいだ印象の服装をする方が、主催者からも歓迎されます。レストランが会場になっているなら、ドレッシーな印象のワンピースまたはスーツが似合います。ホテルがパーティー会場になっている時は、パーティードレスまたはカクテルドレスを着ると映えます。