ドレスにはこんな種類があります

“女性が誰でも憧れるドレスですが、ドレスにも様々な種類があります。今回はウェディングの時に着用するものについて説明していきたいと思います。一生に一度のウエディングドレスを着る機会なので、本当に体分が着用したいものをぜひ来てください。その日1日が人生でかけがえのない日になることでしょう。主催者側と、参列者、ご親族の2つに分けて説明していきます。参列者の方やご親族の方でも来て今いけないドレスの種類もあるので、注意しなければなりません。華やかな場面の舞台では誰もが輝いていたいものです。どの体型にどのスタイルのものがマッチングするのか、自分たちの結婚式の雰囲気にどのスタイルのものがマッチングするのかなどを説明していくので、ぜひ参考にしてください。

花嫁のウエディングドレスについて

最初に、花嫁のウェディングドレスについて説明していきます。大きく分けて6種類あります。プリンセスライン、Aライン、スレンダーライン、マーメイドライン、エンパイヤライン、ベルラインです。今回はその中でも人気の3種類を説明していきます。1番人気なのがプリンセスラインとAラインのものです。プリンセスラインはウエストの辺りからふんわりとしている、絵本の中のお姫様が着ているようなタイプのものです。少し太めの方でも、ウエストが締まっているのですっきりとして見えます。ホテルや教会など華やかな会場で着ると、とても綺麗に映えます。Aラインもウエスト辺りから広がるタイプですが、形がAに見えることから名付けられました。こちらはレストランなどでも気軽に着用できるタイプです。マーメイドラインは体にフィットするので、体の形を綺麗に見せてくれます。海などで行う人前式でも綺麗に映えます。この3種類は現在でもとても人気のものです。

参列者、ご親族の方が着るドレスについて

次に参列者、ご親族の方が着るスタイルのドレスについて説明します。結婚式の主役は花嫁なので、花嫁より目立つタイプのドレスはタブーです。また、白色は基本的にウエディングドレスと被ってしまうので着用してはいけません。どうしても着たいという方は、羽織を濃い目の色にしたり、ストールの色を変えたり、工夫すると良いでしょう。そして披露宴時の花嫁のカラードレスの色を映えさせなければいけないので、真っ赤、濃い青色、黄色など目立つ色は避けましょう。フォーマルな場面なので、膝丈のワンピースタイプのドレスを着ると良いでしょう。次にご親族の方ですが、夜の結婚式であればイブニングドレスを着るととても綺麗に映えます。これはデコルテ部分と肩を出したスタイルのものです。上品な雰囲気を出すことができます。朝の結婚式であればアフタヌーンドレスといって、そこまで露出しないタイプのものを着ると良いでしょう。このようにドレスの種類によって様々な雰囲気を出すことができます。

商品到着後3日以内であれば、返品・交換を受け付けます。 ドレスやワンピに合わせて、コートやジャケットなどのアウターも購入できます。 丈感・デザイン・カラーバリエーションも豊富なラインナップです。 プレゼントにもピッタリ!ギフトラッピングも324円(税込)で承っています。 商品到着後、会員登録(ログイン)してレビューを書けば500ポイント差し上げます。 人気のドレスが揃う「RUIRUE BOUTIQUE」