香典返しについての知識

香典返しとはお通夜や葬儀に参列した人からいただいたお香典へのお返しのことです。いつ送るのがいいかというと、忌が明けてから、つまり四十九日が過ぎてから送るというのが一般的になっています。その際、あいさつ状と一緒に送るのが通例となっています。送る品物ですが、不祝儀をいつまでも残さないようにという意味を込めてすぐに使ってなくなるものが好まれています。定番のものとしてはお茶や海苔、砂糖やお菓子などがあります。肉や魚やお酒などはあまり使われません。最近では相手に好きな物を選んでもらえるようにカタログギフトを送るということも多くなっているようです。参列者の中には香典返しを辞退される方もおります。その場合、他の人と同じように品物を送ってもかまいませんし、親しい方なら別の機会にお返しをしたり食事会に招いて故人を偲んだりしてもいいかもしれません。

香典返しと宗派の関係

香典返しというのは、葬儀のさいに頂いた香典のお返しをするというもので挨拶状を添えて品物などを贈るというのが一般的になっています。葬儀と同様に宗派によっても違いがありますので、失礼のないように行わなければなりません。では具体的に宗派によってどのような違いがあるのでしょうか。もしも葬儀を仏式で行ったのであれば、四十九日(七七日忌)の忌明けを迎えた後に香典返しを行う必要があります。ちなみにこの香典というものは仏式が起源だといわれています。神式で葬儀を行ったという場合には三十日祭または五十日祭の後、キリスト教式であれば一ヵ月後の追悼ミサや召天記念式後がふさわしいといわれています。しかし最近では当日返しといわれる方法で、葬儀や通夜において品物を渡してしまうという方法もあるようで、若い方を中心に人気になっているようです。

香典返しの現代化について

香典返しというのは葬儀においていただいた香典のお返しをするというものですが、本来は四十九日(七七日忌)の忌明けなどに行うものとされてきました。しかし現在では簡略化などもすすめられてきており、これまで以上に簡単に行うというケースも増えてきているようです。そのひとつになるのが当日返しといわれるものです。これはその名の通り、あらかじめ一定金額の礼品などを購入しておき、葬儀や通夜の際に渡すというものになっています。従来の方法では香典帳の整理などの手間がかかっていましたが、この当日返しであれば手間を簡略化できるとあって最近では人気になっているようです。またデパートや専門業者などでは、これらの香典返しに関する代行サービスなども受け付けており、忙しい現代人の生活にあわせたサービスが増えてきているといわれています。

香典返し・法要引き出物などの仏事用ギフト商品を専門に扱っております。是非ホームページをご覧ください。おすすめ、特価の香典返しをご用意しております。心のこもったギフトを送りたい方は、一度ジャストハートのギフトをご覧ください。本社は兵庫県に位置しております。香典返し、仏事用ギフトのご注文お待ちしております。仏事用ギフトの専門店です。包装紙・挨拶状・のしなども無料で豊富にご用意しております。香典返しのことならジャストハート